リリキューブ
パパの五月革命

定価: 2,916円 (本体価格2,700円+税)

  • 商品番号: ERPCD-7998
  • 2008/05/04 発売
カートに入れる:


「待ち焦がれた新作、それは前作すべてをしのぐ輝き。音のツブ、色、すべてが心地よく、洒落のめしてエキゾティック。色んな音楽を吸収しつつも、音のすき間にリラックスしたリリキューブ色の空気・絵の具がいっぱい!」—サエキけんぞう

「待たせた感は全く無視して、新しくも変わらない音が詰まったまさにリリキューブサウンド。この時代にオールフランス語で歌ってくれる二人は、間違いなく楽しそうにこのレコーディングをしたんだろうなと、こちらも笑顔になりました。リリキューブ、信じて間違いなかった!」加藤紀子

大貫妙子、加藤紀子らとのコラボでも知られる、テクノ・エレクトロなほんわかポップ。リリキューブ7年振りの新作は、まさに"フレンチ・タッチ"!

ミックスは、ジャネット・ジャクソン、坂本龍一、宇多田ヒカルなどのエンジニアでもお馴染みの、Go HOTODA(保土田剛)!

ブノワ・カレとカトリーヌ・ディランから成るリリキューブは、1995年にメジャー・レコード会社からデビューし、そのシングル”Voyage en Italie” (イタリア旅行)が、フランスのポップの金字塔エチエンヌ・ダオ以来の、フランス独自のわんさか娘系(=車と旅とおしゃれな男女)路線で大ヒット(30万枚!)を記録。

以来リリ・キューブはフランスで3枚のアルバムを発表し、日本ではそれよりも多い4枚をアルバムを世に送っています(メジャーのユニヴァーサルから)。日本でのリリキューブの反響は特に良く、その独特の魅力に加藤紀子さんや大貫妙子さんも共演するほどでした。

この7年振りとなるアルバムでも、サウンド的には彼らがが体験したフレンチ・ナインティーズの、いわゆる"フレンチ・タッチ"と呼ばれた、叙情とテクノロジーそしてドビュッシー/サティー的なフランスならではの微妙に複雑な音楽性を合わせたような、あの頃のシーンの最良の部分を再現しているような、大人っぽくもあり懐かしくもある音です。

どこかクールでユーモアタップリな歌詞。そして繊細と大人の余裕を感じさせるカラフルでポップなサウンドは、カフェ・ミュージックに物足りなさを感じている人にこそお勧め!

1. 美しい生活
2. パパは5月革命を闘った
3. 僕が見つけた早死にしないための唯一の方法は老いることである
4. アンナ
5. あなたと一緒にベッドにいよう
6. リリのシングル盤
7. 家族の祝宴
8. ナダ
9. ほとんど
10. いったいみんなどうやっているの?
11. 私のプチ・ブルジョワ顔
12. 僕と彼
13. おくやみ欄



Copyright © 2017 META COMPANY. Powered by Zen Cart / bigmouse Inc.