登川誠仁
せい小やいびーん コザ・てるりん祭ライブ

定価: 2,700円 (本体価格2,500円+税)

  • 商品番号: TR-001
  • 2017/11/13 発売
カートに入れる:


島うたの最高峰が遺してくれたストリート・ライブの傑作!
2013年に亡くなった沖縄島唄の最高峰・登川誠仁の、実質的なラスト・ライブ名演集。収録は島唄の祭典「コザ・てるりん祭」(沖縄市)2009年から11年までの舞台をまとめた。共演は、若手唄者のトップと注目される仲宗根創。強烈なスウィング感で圧倒されるオープニング「鳩間節」から、十八番「ナークニー」二題、八重山の名歌「とぅばらーま」まで、戦後島唄の土台を築き上げた「せいぐわー先生」ならではのパワフルな唄三線が炸裂する。「コザ・てるりん祭」のレーベル「TERURIN RECORD」の記念すべき第一弾!

登川誠仁先生は、1932年、兵庫県に生まれている。小さなころから唄三線に熱中し、戦後の(第一期)島唄黄金時代から、最年少にもかかわらず数々の独創的改革を行ったことで知られる。沖縄芝居の歌・踊りから琉球古典音楽に至るまで熟達した人物であったことは語るまでもないが、米軍占領下の沖縄にあって、アメリカ文化の影響を受けた人でもあった。それは、カントリー&ウェスタンのヒットをナゾの口真似でこなしてみせたり、アメリカ式の新しい島唄バンドを結成したり、本アルバムでは英語がついて出たりといったことでも理解できる。2013年、長い病との闘いを終え80歳の天寿を全うされる。
先生の晩年のステージはどれも、歌詞を間違えようが何をしようが、「オレの好き勝手にやらせてもらうぜ!」という態度がはっきりと出て、見事なほどにカッコよかった。伝統的歌謡の最高峰が、ロックンローラーと同じようなエネルギッシュな精神を一番に持つ……
誠仁先生は、そんな、ぼくらの憧れの存在だった。
<藤田正(コザ・てるりん祭)解説より一部抜粋>


■収録曲:
1. 鳩間節~中作田
2. ナークニー~山原汀間当
3. ゆんたく
4. 新夢の沖縄島      
5. ナークニー~はんた原
6. 石川かぞえ歌
7. ゆんたく
8. やっちゃー小~かいさーれー  
9. とぅばらーま~六調節

■演奏:
登川誠仁 唄・三絃
仲宗根創 唄・三絃
+
前川守賢 太鼓・囃子
よなは徹 太鼓・囃子


プロデュース:照屋林次郎、藤田正
CD統括:藤田正、ひがよしひろ、神谷一義(ディスクアカバナー)



この商品をお求めの客様はこんな商品もお求めです。


Copyright © 2017 META COMPANY. Powered by Zen Cart / bigmouse Inc.