タミクレスト
シャトマ

定価: 2,484円 (本体価格2,300円+税)

  • 商品番号: ARPCD-5134
  • 2013/12/29 発売
カートに入れる:



<再入荷しました!>

『TAMIKREST Japan Tour 2017』Tuareg from Azawad
+ Caravan to the Future
-SOUL BEAT ZERO Japan Tour 2017-

⬛︎ 5月23日(水)@渋谷アップリンク
『Caravan to the Future』上映 + トーク + ウスマン (Tamikrest) ミニライブ
⬛︎ 5月25日(木) @橋の下世界映画祭
『Caravan to the Future』上映 + トーク + ウスマン (Tamikrest) ミニライブ
⬛︎ 5月26日(金)@アンスティチュ・フランセ関西-京都(旧 日仏会館)
⬛︎ 5月28日(日) @橋の下世界音楽祭 -SOUL BEAT ZERO 2017-
⬛︎ 5月30日(火) @代官山 UNICE
⬛︎ 5月31日(水) @横浜 Thumbs Up

★彼らこそが”砂漠のRockers”だ!「砂漠のブルース新世代」タミクレスト、遂に日本発売決定!ダブ〜ブルーズ〜サイケ〜ファンク…砂に染みる水のように、音楽が融けていく。

★2006 年に西アフリカのマリ北部の街、キダルで結成されたタミクレスト(「結び目」という意味)は、今一番注目を集めているトゥアレグ人のグループだ。まず圧倒的に年齢が若い。ほとんどのメンバーが80年代半ば以降の生まれだ。

★マリ北部におけるトゥアレグ人の自治を目指し、武器の代わりに楽器を手にした彼らは、トゥアレグの伝統曲や、既に人気だったティナリウェンの曲などをカヴァーしながらグループとしての活動を始めた。1980年代のロックを中心に、ジミ・ヘンドリクス、ボブ・マーリィー、ピンクフロイドそしてマーク・ノップラーなどの影響を受けながら、自分達の音楽を磨いていった。

★2008年にマリ北部トンブクトゥで開催された”砂漠のフェスティヴァル”で、アメリカとオーストラリアの混成バンド、ダートミュージックと出会う。彼らのアルバムに参加する一方で、ダートミュージックのメンバーであるクリス・エックマンのプロデュースで2010年にデビュー作”Adagh”を、そして2011年には2枚目となる ”Toumastin”を発表。今作はクリス自らが興したレーベルからの発売となり、彼らの音楽性そしてメッセージ性がより鋭さを増している。

★タイトル「シャトマ」とは「姉妹」という意味。虐げられ続ける女性たちに捧げられた[1]をはじめ、トゥアレグの人々が直面している様々な問題について、そして人々を勇気づけるメッセージが込められている。トゥアレグの人々が置かれている現状、そして未来への想いは、私たちに日本人にとっても共感出来る部分があるはず。

★ウスマンとポールのギターが織りなすサイケでスペイシーな音に、曲によってはロックンロール〜サイケデリック〜レゲエと多彩な展開をみせるアンサンブル、それぞれの曲の完成度も素晴らしい。ロック・ファンにもお薦め出来る”新世代”だ。

★リーダーであるウスマンへの取材を元もとにしたアリサ・デコート豊崎さんの詳細な解説&歌詞対訳も必読です!

[タミクレスト]
ウスマン・アグ・モサ(ヴォーカル、ギター)
ヲヌ・ワレット・シダティ(ヴォーカル)
シェック・ティグリア(ベース、ヴォーカル)
アガリ・アグ・モハメッディン(ジェンベ、カラバシュ、ヴォーカル)
イブラヒム・アグ・アフメド・サリム(ドラムス、カラバシュ)
ポール・サルバニアック(ギター、ドブロ)
with
セドリック”モモ”モレール(ドラムス、パーカッション)

■収録曲:
1. Tisnant an Chatma 姉妹の苦しみ
2. Imanin bas zihoun 魂を喜ばすものはもう何もない
3. Itous 目標
4. Achaka Achail Aynaian daghchilan 明日は明日の風が吹く
5. Djenegh etoumast 人民に言う
6. Assikal 旅
7. Toumast anlet 我々は人民
8. Takma 悪
9. Adounia tabarat 人生
10. Timtar 思い出


Copyright © 2017 META COMPANY. Powered by Zen Cart / bigmouse Inc.