清正芳計
ちょうきくじょ

定価: 2,700円 (本体価格2,500円+税)

  • 商品番号: JAB-14
  • 2010/07/29 発売
カートに入れる:


黒潮の歌 南海のブルースが聞こえる。奄美島唄の黄金期を生きた天才、清正芳計の絶唱。 
昭和九年、奄美大島・名瀬市根瀬部生まれ。昭和初期の娯楽のない時代、多くの島人(シマッチュ)がそうであったように父親が歌うシマ唄を聴き、夜ごと行われる唄遊びを見ながら育った。
1965年頃、仕事先で祝い座に招かれ、唄遊びを目の当たりにしてシマ唄を身に付ける必要性を強く感じて独学で練習を始める。
1977年、南海日日新聞社主催の「奄美民謡新人大会」に出場して準優勝、翌年には新人賞を受賞した。哀切感あふれる三味線と節回しは唯一無二の味わい。シマ唄研究の第一人者・恵原義盛は彼の唄を「南部の東(ヒギャ)でもない、北部の笠利(カサン)でもない」と評した。

1. 朝顔節
2. 俊良主節
3. 長雲節
4. ヨイスラ節
5. まんこい節
6. むちゃ加那節
7. ちょうきく女節
8. やちゃ坊節
9. 上がる日ぬはる加那
10. 塩道長浜節
11. かんつめ節
12. 芦花部一番節
13. 伊達部立神節
14. 一切あさばな節


Copyright © 2017 META COMPANY. Powered by Zen Cart / bigmouse Inc.