里国隆




商品画像 品名 商品番号+ 価格
里国隆 路傍の芸

里国隆
路傍の芸

1982年11月17日、沖縄・那覇市の平和通り路上に"聖域"が生まれ、そして消えていった。 「路傍ですから、喰うや喰わずですから…」投げ銭受けを前に置き、四つ竹を片手に持ち、竪琴を弾きながら、書生節、自作のうたと、次々と風邪の如く歌い語る。それは、この男が放浪の中でみがきあげた獰猛なブルースである。...
JAB-10 2,484円

追加:

里国隆 あがれゆぬはる加那

里国隆
あがれゆぬはる加那

「すごい唄ですよ。押し出すような、呻きのような唄い方。刃を突きつけられているような。これは、ものすごい絶唱。これぞ『放浪芸の華』だって僕は思いますね。」小沢昭一をして絶賛せしめた盲目の唄者、里国隆。生まれ島・奄美のシマウタを遥かに越えて全く独自のウタ世界を創出した真の放浪芸人。竪琴を携え、各地を放浪...
ON-17 3,240円

追加:

里国隆 黒声

里国隆
黒声

ヒストリー・オブ里国隆。奄美のアウトサイダー、里国隆の放浪人生生涯、奄美・沖縄の村々を漂白した男のうた。女、金、旅、うた…そのすべてを自らの語りと三絃で綴る。奄美で黒声(クルグイ)と呼ばれ、異端と目された野太い濁声が独特に「懐かしい」世界を生み出す。 1. 語り〈1〉「ずーっと、村々を放浪しました。...
ON-40 3,456円

追加:



Copyright © 2017 META COMPANY. Powered by Zen Cart / bigmouse Inc.