裸のままで Nu là-bas
オルターポップ ERPCD-15024 2013年3月10日発売 定価2,300円+税
これは驚きの新譜! 3年ぶりとなるテテの新譜は、とびきりポップでとびきり切なく。天性のメロディー・メイカー、風変わりな詩人、そして忘れられない声を持つテテが贈る、”君の人生のサウンドトラック”。

10年以上に渡って所属してきたSONY FRANCEを離れ、あらたなレーベルでスタートを切ったテテの新作は、今話題のプロデューサーでもあるJulien Delfaud ジュリアン・デルフォー(あのPhoenixやRevolverをプロデュースし、Alex Gopherとのユニットでも知られる)との共同プロデュース。

ビートルズをはじめとする、1960年代を彷彿とさせるサウンドにまず驚かされる。当時の音の香りを漂わせるストリングスやホーン・セクション、そしてシンセが作り出す音の細部にまでこだわった、テテならではの音作りが楽しい。

さらに驚かされるのは、このアルバムのギター・パートを全てテテが演奏していること点。つまりあのテテがエレクトリック・ギターを弾いている!もちろんアルバム全体はアクースティックな雰囲気に包まれているのだが、ところどころで聴ける、テテの激しいエレクトリック・ギターによるソロ演奏が大きなアクセントにもなっている。

そして歌詞の面でも、今まで自分の家族や半生についてあまり触れることのなかったテテだが、この新作では、父親のこと、母親のこと、そして祖父母との想い出を歌に込めるなど、今まで以上に、テテの想いがアルバムの至る所から溢れ出ている。「2人きりで 太陽のかがやきの下へ行こう 恋に落ちて 一糸まとわぬ姿で」テテ流ヌーディスト宣言(?)ともいえるポップ・チューンの[2]、涙なくしては聴けない母子家庭だったテテが母親への想いをストレートに表現した[4]、タイトルもご機嫌なアルバムからのファースト・シングル・カットとなったレニー・クラヴィッツ+モータウン風[5]、パリへやってきてストリートやバーで歌い出した頃の自分を振り返った[6]の詞は心に染みる。2011年の来日ツアーでも演奏されたとびきりポップな[9]、テテがこだわるニュー・オリンズをテーマとした[11]ではブラス・バンド・アレンジも楽しい。ビートルズのマジカル・ミステリー・ツアーを彷彿とさせる(「アイ・アム・ザ・ウォルラス」?)スペイシーかつヘヴィーなサウンドが強烈な印象を残す[13]、そしてイントロのストリングスから後半のテテの激しいエレクトリック・ギターへとなだれ込む[15]は、怒りの流れが、人々を否応なしへに戦争へとかりたててしまうというテテ流のメッセージ・ソングとなっている。

*売上げの一部が、東日本大震災の義援金として寄付されます。

01.天使たちのDNA
02.裸のまま はるか遠くで
03. リトルネッロ
04. あなたにどう伝えよう
05. 君の人生のサウンドトラック
06. “幸せ”のこちら側から
07. 昔ながらに
08. 彼らは後悔を撃つ
09. 僕のラジオから
10. 上手(かみて)か下手(しもて)か
11. マリー・ラヴォー
12. 君の髪
13. ヒューストン
14. 贈りもの
15. 怒りの小川
16. ラグ・ポップ(デラックス)
*以下2曲が日本盤のみのボーナス・トラック
17. 君の人生のサウンドトラック(スタジオ・セッション)
18. 血の兄弟(未発表曲)
*01, 08, 16は30秒未満のインストゥルメンタル曲です。